傷つかないようお店に持って行こう

梱包する際の注意点を知ろう

小さなダンボールに、たくさんの本やCDを梱包すると傷つきやすくなります。
ダンボールが何箱もあるとお店に持って行くのが大変なので、何とか1箱で済むように無理やり詰めようとしている人がいます。
しかし本やCDを傷つかないようにするためには、ダンボールに詰め込みすぎないことが大切です。
余裕を持って、ダンボールに詰めましょう。

いろんなサイズの本を売る時は、重いものから順番に入れましょう。
重いものを上に置くと、下の本が傷ついてしまいます。
本とCDを一緒に売る際は、CDを1番上に入れてください。
下にCDを入れると、本の重みでCDが割れる危険性があります。
できれば、本とCDを分けてお店に持って行ってください。

柔らかい布で包もう

梱包材があったら、CDや本を包んでダンボールに詰め込んでください。
しかし梱包材が見当たらない人もいるでしょう。
柔らかいタオルで代用できるので、本やCDを守れます。
ダンボールいっぱいに詰め込むことはおすすめできませんが、隙間が空くと持って行く途中でCDが壊れる危険性があります。
隙間に、新聞紙を挟むと揺れて本やCDが傷つくことを防げます。

なるべく詰め込んだ本やCDが揺れないように、工夫して持って行ってください。
ダンボールが何箱にもなって、どうしても自分で持って行くのができないことがあります。
その場合は、出張買い取りに来てくれるお店を使いましょう。
すると自宅に来てくれるので、持って行く手間を省けます。


この記事をシェアする
TOPへ